こんにちは、ちるちるです。
東京のIT企業で会社員をしています。
10月に男の子を出産、現在育休取得中。

もう我が子も4ヵ月半になりました。
体重は産まれたときの2倍。
よくミルクだけでこんなに大きくなるなあ~と驚きです。

我が家では、早い段階から完全ミルクに移行しました。
そんな粉ミルク生活、最初は困りごとだらけ。

70度以上で調乳しないと菌が死なないというし、、、
逆に熱すぎるとミルクの栄養分が失われてしまうというし、、、
一度煮沸消毒された湯冷ましを使って混ぜたほうがいいというし、、、
それを更に氷水に入れて体温ぐらいまで冷やすだって!?

夜中に起きて、これ全部やるの~?どうやって?
外出先ではどうするの?

もう泣きたい気分でいっぱいでした。
一応70度のお湯を作れる調乳ポットも売っているみたいですが
大きな調乳ポットは外出先では使えないですよね。

そんなミルク問題、我が家ではどうしているかご紹介したいと思います。

調乳ポットは必要ない!我が家ではコレを代用!

64986.jpg

我が家では、調乳に上の2点を使用しています。
1つがオレンジのウォーターボトル。
もう1つがタイガーのサハラマグ

オレンジのウォーターボトルには、ケトルで沸騰させたお湯をあらかじめ入れておいて冷まします。
タイガーのサハラマグにも同様に、ケトルで沸騰させたお湯を入れておきます。

これを寝る前に夜間の授乳用、出かける前にはお出かけ用に用意しておくだけ!

調乳に使う水は水道水が推奨されています。
なのでミネラルウォーターなどを買わず、一度しっかり沸騰させた水道水を使えばOK!

また、サハラマグは朝入れた熱々のコーヒーが夜も熱々で飲めるほど保温性が高いです。
ただ、沸騰時の温度よりは下がるので、調乳に丁度よい温度になります。
(このサハラマグ、優秀すぎて我が家には2本あります・・・)

外出先でのミルクは荷物がちょっとかさばりますが、我が家で調乳の問題はこうやってクリアしました。
また、どうしても荷物が多くなるのが嫌だ、、、という人にお勧めのアプリがあります。
「ママパパマップ」(https://mamamap.jp/
というものなのですが、外出先の近くに授乳室があるか調べることができます。
授乳室に調乳用のお湯が用意してあるか、また男性も入ることができるか等の情報が載っているので便利です。

他にもある!ミルクの便利グッツ

粉ミルクの缶、とっても大きいし重いですよね。
外出先に持って行くなんて、とてもじゃないけど難しい大きさです。
そんなときにおすすめなのがこちら。

64985

粉ミルクを小分けして入れることができ、哺乳瓶に移すのもラクラク。
これ、赤ちゃん用品店では5~600円で売っているのですが、ダイソーにも同じものが売っています。
3ヶ月ほど問題なく使用できているので、ためしに買ってみるのもおすすめです。

次に紹介したいのがこちら。

64984

缶ミルクには1杯で20ml作れるスプーンが付属で入っています。
しかし3~4ヶ月になると、飲む量も増える!
大体200ccのミルクを飲むようになったころから、「あれ?いま何杯入れたっけ?」ということが増えてきました。(特に夜はボケボケなので)
この問題、どうにかならないかな~と思っていたところ見つけたのがこちら。

はいはいの50ml用すりきりスプーン。
http://community.wakodo.co.jp/campaign/haihai-spoon/

はいはいだと、お一人様1個限りではありますが、上記フォームから申し込むと50ml用スプーンがもらえます。
これで200ml飲むときも、4杯で済むように。(いままでは10杯)
個人情報と引き換えに、楽を手に入れました!

まとめ

いかがでしたか?
ミルク生活、どうなるかと思ったころが懐かしいほど、いまではミルクの心配をせずに外出できるようになりました。
そんな我が子も、来月には離乳食が始まります。また新たに悩みが生まれるのだろうけど、根気強く解決策を見つけていきたいと思います。