こんにちは、ちるちるです。
東京のIT企業で会社員をしています。現在妊娠8ヶ月。
毎度カウントダウンをしていますが、もう会社員生活も残り9日。
過去の記事、「突然の切迫流産診断!その症状と知っておきたい絶対安静生活について
で書いたような、毎日家にいる生活が始まるなんてちょっと信じられません。

産休に入って、実際どれぐらい一人で動き回っても大丈夫なものか、
いまからちょっと心配しています・・・。

さて、今回も前回に引き続き、来年2018年度4月に0歳児のべびちゃんを
板橋区で認可保育園に入れたいちるちるの、保活についてご紹介したいと思います。

区役所で相談した結果わかったこと

前回の記事、「働くママ必見!板橋区の保育園事情2018年度最新版」では、
ちるちるが板橋区役所で聞いてきた話を元に、どのようなステップで保活を進めているかをお話しました。

ハイライトになりますが、区役所の「子ども家庭部保育サービス課 入園相談係」で学んだ大きな保活のポイントは以下の通り。

  • 認可だけじゃなく、こども園と小規模保育園もまんべんなく申し込む!
  • もし審査に通ったことも考えて現実的に通える範囲の園に絞る!
  • 認証にも入れる気があるのであれば、申し込むべき!

認可認可!と推し進めてきたちるちるの保活でしたが、
なかなか厳しい現実を知り、現在は視野を広げて保育園を探しています。

この話を聞いてから、認可保育園のほかにも小規模保育園、こども園、
認証保育園に枠を広げ、大体20ほどの園まで候補に挙げました。

いざ見学!保育園見学までの大まかな流れとは?

20ほどに絞った行かせたい保育園候補、妊娠中+まだ働いている私には
とてもじゃないけど全部見学に行くことはできません。

そこで、まず家から近い保育園の中で、

  • 認可保育園(区立&私立×2)
  • 小規模保育園
  • こども園
  • 認証保育園

の6園に見学に行くところを絞りました。

理由は、すべての形態の保育園を見たかったから。
認可保育園と小規模保育園の施設の違いってなに?
認可でも区立と私立ってなにか違うの?

そんな疑問を持っていたため、本来行かせたい認可保育園に特に絞ることはしませんでした。

あと、どの保育園でも言われると思いますが、
「見学しても入園が有利になるということは絶対ありません!!」
ここ、勘違いしている人も多いと思うのではっきり述べておきます。

あくまで区が選考を行うので、保育園側はどのように選ばれているのか一切情報を持っていません。
(※認証保育園の場合は、直接保育園への出願&選考となるので、見学も1つ選考の要素になるかもしれません)

保育園見学の目的は、あくまでも
「べびちゃんを入れても安心な環境であるか」
「施設は整っているか」
「保育士さんたちはまともか」

などといった、保育園の出願申請時にその保育園を選択するか否かの判断材料にするためです。

アポイントを取って保育園の見学に行こう!

さて、見学に行く保育園に目星をつけたら、
平日見学に行けそうな日にちを前もって控え、候補の保育園に電話をかけました。

何回か電話をかけてわかったことは、
午後2~3時ぐらいに電話をするとよい!
ということ。お昼寝の時間で落ち着いている時間のようです。

そして、見学の時間ですが大体午後3時前後を指定されます。
これは、お昼寝から起きた園児がおやつの時間に入る時間帯で
園児が活動している、かつ落ち着いている時間だからのようです。

最初は近くの保育園だから同日に2つはしごできるかな?と思っていたのですが
意外と同じ時間帯を指定されるため、ちるちるの場合は難しかったです。

まとめ

いかがでしたか?
保育園見学までの流れが大体お分かりいただけたでしょうか?
限られた時間の中で、効率よく確認するべきところを確認して
べびちゃんにとってベストな環境を探してあげたいですね!
次回は、保育園見学当日のお話をご紹介したいと思います。